ペーパーオークションとは

従来の古紙リサイクル

従来の古紙リサイクルは右図のように、ご家庭等から出た古紙が①ちり紙交換業者が回収し、さらに②専門回収業者③問屋④直納問屋と…製紙メーカーに渡り、リサイクルされるまでに、多くの中間業者が入り、多大なコストがかかっていました。ちり紙交換業者さんが家庭や地方自治体から回収した古紙は問屋さんの言い値で売るしかなく個人でちり紙交換を営んでいる方々は薄利で生計を立てている方が多くいらっしゃいます。

従来の古紙リサイクル

ペーパーオークションとは

従来の古紙リサイクルは、問屋さんが値段をつけ、 専門回収業者さんは、それに従うだけでしたが、 ペーパーオークションの存在により、回収業者さんから 直接製紙メーカーへ回収古紙を売ることができるようになります。 中間コストを一気に削減できるため、より適正な価格で事業を 営むことができます。 また、ペーパーオークションはコンピュータネットワークにより、 世界中の製紙メーカー・問屋さんと取引ができるので、 世界中の古紙リサイクル市況に合わせて、値段が跳ね上がることも 期待されます。 世界中をネットワークとする、ペーパーオークションの会員は運営本体がストックしている古紙により、市況の変動によるリスクも保証されます。 限られた資源を有効にリサイクルするために、また労働者側にも還元される仕組みが認められ、 2013年4月19日にビジネスモデル特許として登録されました。

特許証

クリックすると拡大して見て頂く事が可能です。

古紙の行方
ペーパーオークションとは

下図を見ていただくとお分かり頂ける通り、ペーパーオークションの登場により、
回収業者…適正価格で古紙を売れる
問屋…古紙価格低下の際のリスクヘッジ
製紙メーカー…オークション価格で落札できる
と、すべての関係者が恩恵を受けることができる仕組みです。

ペーパーオークションのフロー図